• 本

状箱騒動

決定版

文春文庫 さ63−69 酔いどれ小籐次 19

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-16-791033-4
4-16-791033-0
税込価格 853円
頁数・縦 396P 16cm
シリーズ名 状箱騒動

商品内容

要旨

文政三年冬。小藤次とおりょうは、うづと太郎吉の仲人を務め終えると、水戸藩に新たな竹細工を伝授するため旅立った。だが案内役の小姓頭・太田静太郎と街道筋を進むと、葵の御紋が入った藩主の状箱が強奪されるという事件と遭遇する。誰が何の目的でそんなことをしたのか―。新たに終章を書き下ろし、シリーズ堂々の完結!

おすすめコメント

水戸へ向かった小籐次は葵の御紋が入った藩主の状箱が奪われるという事件に遭遇する。誰が何のためにやったのか? 決定版堂々完結!

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)