• 本

多元性の都市イスタンブル 近世オスマン帝都の都市空間と詩人、庶民、異邦人

出版社名 大阪大学出版会
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-87259-593-2
4-87259-593-9
税込価格 6,264円
頁数・縦 430P 22cm

商品内容

要旨

都市の記憶に耳を欹てる―礼讃か慢侮か、怪奇か奇蹟か、憧憬か敵意か。史料の多重奏から浮かび上がるルネサンス期イスタンブルの都市像。

目次

序章 オルハン・パムクの憂愁の向こう
第1章 視線の交錯する都市
第2章 近世イスタンブルを歩く
第3章 詩人の眼差し、楽土の都
第4章 支配者の眼差し、下郎の巷
第5章 庶民の眼差し、俗信の都
第6章 異邦人の眼差し、箱庭の中の冒険
終章 多元性の都市イスタンブル

著者紹介

宮下 遼 (ミヤシタ リョウ)  
1981年、東京生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。大阪大学言語文化研究科准教授。専門はトルコ文学(史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)