• 本

十二支のはじまり

はじめての世界名作えほん 17

出版社名 ポプラ社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-591-15203-4
4-591-15203-0
税込価格 385円
頁数・縦 24P 18×19cm

おすすめコメント

美しいことば、親しみやすい絵で、名作を楽しめます!

著者紹介

中脇 初枝 (ナカワキ ハツエ)  
1974年徳島県生まれ、高知県育ち。筑波大学で民俗学を学ぶ。高校在学中の1991年に『魚のように』で坊っちゃん文学賞を受賞し、17歳でデビュー。2012年『きみはいい子』で坪田譲治文学賞を受賞、同作品は映画化された。創作の傍ら昔話の語りを行い、昔話絵本『ゆきおんな』や昔話集『女の子の昔話』『ちゃあちゃんのむかしばなし』(産経児童出版文化賞JR賞)などがある
椛島 義夫 (カバシマ ヨシオ)  
1944年長崎県対馬市出身。東映動画、シンエイ動画を経て夢弦館を設立
すずき えりな (スズキ エリナ)  
1985年生まれ。山口県岩国市出身。東京工芸大学アニメーション学科卒業。背景美術会社にてTVや映画のアニメーション背景制作に従事するかたわら、イラストの制作や企画展示会などへ参加。退職後、フリーのイラストレーターとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)