• 本

ぼくがきみを殺すまで

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-02-251538-4
4-02-251538-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 246P 20cm

商品内容

要旨

月が満ちることのない地ベル・エイドのLは、敵方ハラの捕虜となっていた。Lは敵兵に語り聞かせる、ハラの友人ファルドと過ごした森と草原の日々のことを…。学校は閉鎖され、家族を喪くし、少年は兵士になった。素朴で満ち足りた暮らしが大きなものに覆されていく。そのさまをつぶさに苛烈に描き、話題を呼んだ朝日新聞連載の表題作。対となる中編「Kの欠片」を加えて編む。

おすすめコメント

囚われの身であるベル・エイドの青年Lは敵国ハラの兵士に語り聞かせる、かつてハラの友人ファルドと過ごした日々のことを──。少年が武官養成校を経て戦場に出るまでを描く物語。反響を呼んだ新聞連載の表題作に、対となる中編を加えた鮮烈な小説集。

著者紹介

あさの あつこ (アサノ アツコ)  
1954年、岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。大学在学中より児童文学を書き始める。小学校講師ののち、作家デビュー。97年『バッテリー』で野間児童文芸賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年「バッテリー」シリーズで小学館児童出版文化賞、10年『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)