• 本

本のエンドロール

出版社名 講談社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-06-220988-5
4-06-220988-8
税込価格 1,782円
頁数・縦 381P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 出版業界を描いた「下〇ロケット」。目指せ本屋大賞!

    一冊の本が読者に届く、そこには作り手である作家、編集者、出版社や、流通を担う取次、そして読者への橋渡しをする書店。もう一つ忘れてはならないのが、この物語の印刷会社。斜陽産業と言われて久しい出版業界を支えてくれる印刷会社の奮闘記。

    (2018年10月31日)

商品内容

要旨

印刷会社の営業・浦本学は就職説明会で言った。「印刷会社はメーカーです」。営業、工場作業員、DTPオペレーター、デザイナー、電子書籍製作チーム…奥付に載らない本造りの裏方たちを描く感動長編。

おすすめコメント

彼らは走り続ける。機械は動き続ける。電子化の波が押し寄せ、斜陽産業と言われようとも、この世に、本がある限り。

著者紹介

安藤 祐介 (アンドウ ユウスケ)  
1977年生まれ、福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。2007年『被取締役新入社員』でTBS・講談社第1回ドラマ原作大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)