• 本

世界のなかで自分の役割を見つけること 最高のアートを描くための仕事の流儀

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-478-10452-1
4-478-10452-2
税込価格 1,512円
頁数・縦 228P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

現代アートの世界を越えて国内外で広く注目を集める日本人の若き女性アーティストがいる。小松美羽さんだ。「神獣」をはじめとした闇の世界を描く独特の画風は世界で高く評価され、2015年の立体作品「天地の守護獣」は大英博物館日本館に永久展示、同年、世界最大級の美術品オークション「クリスティーズ」で絵画作品「遺跡の門番」が落札されたことなどが話題を呼んだ。映画『花戦さ』の劇中やSONY「Xperia」のTVCMでその感性を垣間見た人も多いのではないだろうか。本書では、1984年長野県坂城町生まれの小松さんがこれまでの歩みを振り返りつつ、「見えない世界とこの世界をつなげる」といった自身の「役割」や価値観について語っている。誰もが持つ「魂」や「祈り」、あるいは文化をつなげる「大和力(やまとぢから)」を発揮するには、アートの愛好家だけでなく広くいろいろな人に自分の作品に触れてほしいと述べる。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年04月04日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

いま最も注目を集めている新進気鋭の現代アーティストが語る人生論。

目次

1 つながるためのアート―「天地の守護獣」と大和力(アートは魂でつながるための道具
大英博物館に所蔵された「しっぽを振る狛犬」 ほか)
2 アートの原点―山犬さまとメタセコイアの夢(山犬さまに守られていた頃
チラシの裏の動物たち ほか)
3 「自分の心」を超えていけ―「四十九日」までの日々(「自分の感受性くらい」
銅版画の「線」と出会う ほか)
4 大和力を、世界へ。―出雲大社に授かった「新・風土記」(ニューヨークでの「アート強化合宿」
「四十九日」との決別 ほか)
5 未来のためのアート―「遺跡の門番」と自分の役割(「三年周期」で進めていく画家人生
南インドで生まれた「遺跡の門番」 ほか)

おすすめコメント

「新・風土記」出雲神社奉納、「天地の守護獣」大英博物館永久展示、クリスティーズに出品、高値落札…。競争が激しいアートの世界で、なぜいま小松美羽が評価を集めているのか?その理由が、彼女の人生や価値観、考え方から明らかになる1冊。自分の「役割」や、生きる目的が見つかる珠玉の自己啓発書。