• 本

なさけ 〈人情〉時代小説傑作選

PHP文芸文庫 み1−10

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-569-76814-4
4-569-76814-8
税込価格 756円
頁数・縦 266P 15cm

商品内容

要旨

差配から住人まで全員が悪党の長屋に引っ越してきた新住人をめぐる騒動(「善人長屋」)、人の縁を取り持つ“結び屋”が出合った、見合い相手に不可解な態度を取る娘の哀しき真実(「まぶたの笑顔」)、つらいお店奉公に耐えかねた幼い丁稚に、大旦那さまが聞かせた不思議な話(「首吊り御本尊」)など、書籍未収録作品や書き下ろし作品を加えた時代小説アンソロジー。ほろ苦くも心を揺さぶる珠玉の六作を収録。

おすすめコメント

いま大人気の女性時代作家による、アンソロジー第三弾。親子や夫婦の絆や、市井に生きる人々の悲喜こもごもを描いた時代小説傑作選。

著者紹介

細谷 正充 (ホソヤ マサミツ)  
文芸評論家。1963年生まれ。時代小説、ミステリーなどのエンターテインメントを対象に、評論・執筆に携わる
西條 奈加 (サイジョウ ナカ)  
北海道生まれ。2005年、『金春屋ゴメス』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。12年、『涅槃の雪』で中山義秀文学賞、15年、『まるまるの毯』で吉川英治文学新人賞を受賞
坂井 希久子 (サカイ キクコ)  
1977年、和歌山県生まれ。同志社女子大学学芸学部卒業。2008年、「虫のいどころ」(「男と女の腹の蟲」を改題)でオール讀物新人賞を受賞。17年、『ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや』で高田郁賞、歴史時代作家クラブ賞新人賞を受賞
志川 節子 (シガワ セツコ)  
1971年、島根県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。会社勤務を経て、2003年、「七転び」でオール讀物新人賞を受賞
田牧 大和 (タマキ ヤマト)  
東京都生まれ。2007年、「色には出でじ、風に牽牛」(刊行時に『花合せ』に改題)で小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー
村木 嵐 (ムラキ ラン)  
1967年、京都府生まれ。会社勤務を経て95年より司馬遼太郎家の家事手伝いとなり、夫人である福田みどり氏の個人秘書を務めた。2010年、『マルガリータ』で松本清張賞を受賞し、デビュー
宮部 みゆき (ミヤベ ミユキ)  
1960年、東京都生まれ。87年、オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。92年、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年、『火車』で山本周五郎賞、99年、『理由』で直木賞、2002年に『模倣犯』で司馬遼太郎賞、07年、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)