• 本

鯖猫長屋ふしぎ草紙 4

PHP文芸文庫 た7−4

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-569-76817-5
4-569-76817-2
税込価格 836円
頁数・縦 331P 15cm
シリーズ名 鯖猫長屋ふしぎ草紙

商品内容

要旨

美猫サバが暮らす「鯖猫長屋」で、利助・おきね夫婦が大喧嘩。その裏に怪しげな呪い師の影が…。そんな折、サバの妹分さくらに化け猫疑惑が持ち上がる。続けて起きた「赤子の顔の傷」事件や、とある大店の内儀の死も、化け猫の仕業だというのだ。さくらの疑いを晴らそうと、飼い主の拾楽が動きだすが、サバには気になることがあるようで―。根津宮永町が舞台の「大江戸謎解き人情ばなし」第四弾。

おすすめコメント

ある大店の内儀が命を落とす。呪い殺されたとの噂が……。長屋で起きた夫婦喧嘩と噂の関係は? 大好評「鯖猫長屋」シリーズ第四弾!

著者紹介

田牧 大和 (タマキ ヤマト)  
東京都生まれ。2007年、「色には出でじ、風に牽牛」(刊行時に『花合せ』に改題)で小説現代長編新人賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)