• 本

終わった人

講談社文庫 う26−19

出版社名 講談社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-06-293876-1
4-06-293876-6
税込価格 972円
頁数・縦 540P 15cm

商品内容

要旨

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。日本中で大反響を巻き起こした大ヒット「定年」小説!

おすすめコメント

「定年って生前葬だな…」 衝撃的な書き出しで始まる内館牧子のベストセラー小説が、文庫化されました。 2015年の単行本発売時から書評を中心に数多く取り上げられ、話題を呼んだ作品です。 定年後のエリートの悲哀を描いた作品ですが、実際に読んだ方から、 「これは僕自身がモデルかと思った」 「読んで心が明るくなった。先々に希望が持てた」 「定年後の人生に道筋がついた気がして、心が解放された」 等、いまだかつてないほど出版社に読者カードが届いたそうです。 シニア世代はもちろん、現役世代にとっても将来避けられない「定年」という普遍的テーマを、シリアス且つユーモラス、そしてリアルに描いた一冊。 2018年6月には舘ひろしと黒木瞳出演で映画化されます。 ぜひ、ご一読ください。

著者紹介

内館 牧子 (ウチダテ マキコ)  
秋田市生まれの東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、13年のOL生活を経て、1988年脚本家としてデビュー。小説家、エッセイストとしても活躍。2000年より日本相撲協会の横綱審議委員を務め、2003年、大相撲研究のため東北大学大学院に入学、2006年3月修了。その後も研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)