• 本

不安をとかす技術 「本当の自信」が身につく考え方

出版社名 ユサブル
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-909249-07-4
4-909249-07-9
税込価格 1,512円
頁数・縦 190P 19cm

商品内容

要旨

「今度こそ負けるかもしれない」私はそんな不安を「張ったり」という虚勢で覆い隠そうとはしなかった。20年間無敗伝説の雀鬼が極めた自信の本質。

目次

第1章 「自信」とは何か―自信と不安のはざまでどう生きるか(私には“自信”がない
「自信」でなく、「大丈夫」があればいい ほか)
第2章 自然体が「本当の自信」を生む(自然体とは何か?
自分を信じるにはまずは自然な動きから ほか)
第3章 シンプル思考が己への信頼を導く(ものごとをシンプルに考えられるようにするには?
ダメな会社を自分の力でよくしてみよう ほか)
第4章 「自信」の落とし穴(自分を信じ過ぎると“本質”が見えなくなる
努力を信じ過ぎるな ほか)
第5章 「本当の自信」を生み出す習慣(“今”を生きれば見えなかったものが見えてくる
生きる強さは“生活感”によって育まれる ほか)

著者紹介

桜井 章一 (サクライ ショウイチ)  
東京・下北沢に生まれる。大学時代に麻雀と出会い、のめり込む。昭和30年代後半、麻雀の「裏プロ」として頭角を現す。以来20年間引退するまで無敗、「雀鬼」の異名をとり畏怖された。現役引退後は著者をモデルとした小説、劇画などで広く世に知られていく。麻雀を通した人間形成を目的とした「雀鬼流麻雀道場牌の音」を主宰し、若者たちの指導に当たる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)