• 本

脳リミットのはずし方 自分の限界を超えろ!

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-309-24853-0
4-309-24853-5
税込価格 1,404円
頁数・縦 206P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

自分の限界は、自分がつくり出した幻想だと知ること。自分という枠から飛び出す勇気を持つこと。失敗を恐れずに、変化を心の底から楽しむこと。さあ、脳リミットをはずして、“脳力”を最大化しましょう!

目次

第1章 なぜ、私たちの脳は限界をつくってしまうのか?(自分の「脳リミット」を診断チェックしてみよう!
ノーマルな脳にはリミットがかかっている! ほか)
第2章 脳リミットをはずす「安全基地」を手に入れよう(安心してチャレンジできる「安全基地」をつくり出そう!
学歴や肩書きは安全基地にはならない!? ほか)
第3章 脳リミットをはずす脳のトレーニングを始めよう(自分の限界を超えるための「セルフイメージ・トレーニング法」
客観的な自己評価「メタ認知」に磨きをかける! ほか)
第4章 脳リミットをはずすためのスキルを身につけよう(最後までやり抜く成功の鍵「グリット力」
たとえ三日坊主でも、「ベストエフォート力」で乗り切る! ほか)
第5章 脳リミットをはずして人生を変えよう(「最初のペンギン」になって、チャレンジの海に飛び込もう!
勇気を持ってチャレンジしなければ何も変わらない! ほか)

おすすめコメント

脳にリミットがかかっている限り、能力は発揮できない!「自分にはムリ」「どうせムダ」「普通は」など、自らが脳に作った限界を解除し、脳の力を最大化するための、AI時代の脳の活かし方

著者紹介

茂木 健一郎 (モギ ケンイチロウ)  
1962年東京生まれ。脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。2005年、『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞、2009年、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)