• 本

主よ一羽の鳩のために 須賀敦子詩集

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-309-02656-5
4-309-02656-7
税込価格 1,944円
頁数・縦 141P 19cm

商品内容

要旨

30歳の日々、ローマでひとり呼びかけつづけた「あなた」への魂のことば―没後20年にして新たに発見された詩稿は、須賀敦子が詩人であったことをあきらかにした。祈りと慰めの韻律は、静かに、そして深く、心をゆるがす。巻頭口絵にて手書き原稿収録。

目次

Expandi manus meas ad te
(おかあちゃまじかんってどこからくるの?)
(けふはそらのあをい)
(窓のしたに)
(あゝこのひかりを)
(これほど空があをくて)
(アカンサスの叢から)
(れんげが咲いて)
(わたしの/いづみは)
(もうひとつ)〔ほか〕

著者紹介

須賀 敦子 (スガ アツコ)  
1929‐1998。兵庫県生まれ。聖心女子大学卒業。1953年よりパリ、ローマに留学、その後ミラノに在住。多くの日本文学をイタリア語に訳して紹介する。71年帰国後、慶應義塾大学で文学博士号取得、上智大学比較文化学部教授を務める。91年、『ミラノ 霧の風景』で講談社エッセイ賞、女流文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)