• 本

文化遺産シェア時代 価値を深掘る“ずらし”の視角

出版社名 社会評論社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-7845-1738-1
4-7845-1738-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 191P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 文化・歴史・遺産(「平和のとりで」の構築
文化変容のダイナミズム
歴史的出来事の“証人”
持続可能な社会の実現
生物多様性と文化多様性の結節点)
第2部 文化財・博物館・学芸員(保存と活用のジレンマ
眼前の風景に見出す意味
地域博物館の理想と現実
研究が作り出す文化財
協働につなげる価値の掘り起し
文化における「より良い復興」)

著者紹介

加藤 幸治 (カトウ コウジ)  
東北学院大学文学部歴史学科教授・同大学博物館学芸員。専門は民俗学、とくに物質文化論。静岡県出身。総合研究大学院大学文化科学研究科比較文化学専攻(国立民族学博物館に設置)修了、博士(文学)の学位取得。第17回日本民具学会研究奨励賞(2003年)・第21回近畿民具学会小谷賞(2003年)・第16回総合研究大学院大学研究賞(2011年)を受賞。現在、文化遺産防災ネットワーク有識者会議委員、日本民俗学会第31期理事、日本民具学会第17期理事ほかを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)