• 本

本で床は抜けるのか

中公文庫 に21−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-12-206560-4
4-12-206560-7
税込価格 864円
頁数・縦 294P 16cm

商品内容

要旨

大量の本を抱えて引っ越し、「床抜け」の不安に襲われた著者は、解決策を求めて取材を開始。井上ひさしや草森紳一らの事例を調べ、床が抜けてリフォームした人、蔵書をまとめて電子化や処分した人、私設図書館や書庫を造った人、等を訪ね歩き、「蔵書と生活」の快適な両立は可能かを探る。愛書家必読のノンフィクション。

目次

本で床が埋まる
床が抜けてしまった人たちを探しにいく
本で埋め尽くされた書斎をどうするか
地震が起こると本は凶器になってしまうのか
持ち主を亡くした本はどこへ行くのか
自炊をめぐる逡巡
マンガの「館」を訪ねる
本を書くたびに増殖する資料の本をどうするか
電子化された本棚を訪ねて
なぜ人は書庫を造ってまで本を持ちたがるのか〔ほか〕

おすすめコメント

「こんなに部屋中本だらけだと、床が抜けるのでは?」大量の本とともに木造アパートの2階に引っ越し、「床抜け」の不安に襲われた著者は、解決策を求めて取材を開始。「床抜け」体験をエッセイに書いた井上ひさし、大量の本に囲まれて遺体が見つからなかった草森紳一、乳がん闘病をきっかけに蔵書を捨てまくった内澤旬子……。床が抜けてリフォームした人、蔵書をまとめて処分した人、私設図書館を作った人、等々を訪ね歩き、「蔵書と生活」の快適な両立は可能か探る。愛書家必読のノンフィクション。解説・角幡唯介

著者紹介

西牟田 靖 (ニシムタ ヤスシ)  
1970年、大阪府生まれ。ノンフィクション作家。アジア・太平洋諸島の元日本領土、北方領土や竹島といった国境の島々をテーマにした作品で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)