• 本

本当は恐ろしい床ずれ

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-344-91389-9
4-344-91389-2
税込価格 864円
頁数・縦 182P 18cm

商品内容

要旨

「たかが床ずれ」と甘く見ていたらあっという間に皮膚は真っ黒に変色。関節や骨を蝕み、最後には死を招く。手遅れになる前に実践すべき家族を守るための正しい知識とホームケア。

目次

第1章 発症までたった3時間 少しの油断で手遅れになる「床ずれ」の恐怖(時には命を奪う「床ずれ」の恐ろしさ
たった3時間―戦慄すべき発症スピード ほか)
第2章 皮膚が赤紫色になったら発症のサイン ステージによって変わる床ずれケア(床ずれかどうかは「3秒圧迫」で確認
「床ずれかも」と思ったら確認すべきこと ほか)
第3章 治療のカギは在宅ケアにあり 外用剤の効果的な活用術(病院での治療と在宅ケアの大きな違い
在宅ケアには介護保険制度の活用が必須 ほか)
第4章 治ったあとこそ要注意 知っておくべき日々の再発予防ケア(床ずれは再発しやすい
再発予防にかかせないスキンケア ほか)

著者紹介

國枝 靖弘 (クニエダ ヤスヒロ)  
1961年生、愛知県生まれ。1988年、明治大学法学部を卒業後、スズラン株式会社に入社。名古屋営業所で医療機関向け薬品の販売に携わった後、2008年、代表取締役に就任。衛生材料、医薬品、医薬部外品、医療機器、化粧品など幅広くとり扱い、特にコットンやガーゼなどの綿繊維の衛生素材については国内トップシェアを獲得している。また、ブランド「ケアエイド」を立ち上げるなど、サービスの幅を広げた
塚田 邦夫 (ツカダ クニオ)  
高岡駅南クリニック院長。日本褥瘡学会理事。富山県高岡市生まれ。1979年、群馬大学医学部を卒業。同年、東京医科歯科大学第2外科入局。88年アメリカ合衆国クリーブランドクリニックの大腸直腸外科にて大腸外科、腸疾患、ストーマケア、創傷治癒について研修を受けるなど多くの経験を積み、1991年富山医科薬科大学(現・富山大学)第2外科に入局。1997年、富山県にて褥創(床ずれ)をはじめ、胃疾患、大腸・肛門疾患、外傷、ストーマ(人工肛門)の治療を行う高岡駅南クリニックを開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)