• 本

毎日のカラダが楽になる最高の疲労回復法

出版社名 大和書房
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-479-78418-0
4-479-78418-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 206P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

豊富な医学的最新エビデンスに基づいた、カラダを守る「副腎」を消耗させない習慣。自己流の疲労回復法をやめれば、疲れ知らずのカラダが手に入る!

目次

第1章 抜けない疲れの9割は、“ホルモンタンク”の枯渇が原因(“ホルモンタンク”の枯渇が、疲れの悪循環を生む
普段通りでも、“ホルモンタンク”は減る ほか)
第2章 “ホルモンタンク”の浪費は、肌から食い止める(すべての疲労は、「肌」が教えてくれる
「冷え性」は、疲労蓄積の証拠 ほか)
第3章 しつこい「身体疲労」を消す習慣(「朝からシャキッ!」は、健康とは正反対
50分の有酸素運動代わり!超短時間運動「HITT」 ほか)
第4章 人生を左右する「脳疲労」を防ぐ(あらゆる疲れにつながる「脳疲労」
脳の疲労予防には「“集中して”水を飲む」 ほか)
第5章 コレはどっち!?“ホルモンタンク”がたまる生活・減る生活(「スタミナには、やっぱり焼き肉でしょう?」
「疲れた時には、チョコがいいって聞いたけど…?」 ほか)

おすすめコメント

ずっと疲れているのはホルモンと血流のせい!?「いつも肩こり、頭もモヤモヤ」がスッキリする、医学的にわかった疲労回復術!

著者紹介

杉岡 充爾 (スギオカ ジュウジ)  
1965年生まれ。千葉大学出身。医学博士。すぎおかクリニック院長。日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会健康スポーツ医、日本心血管インターベンション治療学会専門医。千葉県船橋市立医療センターの救急医療に約20年、最前線で日夜、心筋梗塞などの生死に関わる治療に携わり、約10000人の心臓の治療にあたる。2014年5月より千葉県船橋市において「すぎおかクリニック」を開院。また、予防医学の点から、食習慣管理を中心に指導する「ヘルスコンサルティング」をエグゼクティブをはじめとした多くの人たちに提供(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)