• 本

《写真記録》関門港の女沖仲仕たち 近代北九州の一風景

出版社名 新評論
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-7948-1086-1
4-7948-1086-5
税込価格 2,160円
頁数・縦 189P 22cm

商品内容

要旨

近現代を支えた「沖の女たち」。強く、烈しく、美しきその生。サルトル&ボーヴォワールも瞠目した、女性港湾労働者たちの苛酷な仕事ぶりと人情味溢れる素顔に迫る、孤高の記録作家、唯一無二の仕事。150点の貴重な写真を集成。懇切な解説付。

目次

港の朝
沖の荷役
元手はこの身ひとつ
陸に帰る
ごんぞう気質
女たちの道具
消えゆく港の仕事

著者紹介

林 えいだい (ハヤシ エイダイ)  
1933年12月4日福岡県香春町生まれ。記録作家。2017年9月1日没。早稲田大学文学部中退後、故郷に戻り香春町教育委員会に勤務。1962年、戸畑市教育委員会に赴任、三六地区および東戸畑地区の公民館で婦人学級を担当し「青空がほしい」運動にかかわる。70年、作家専業となる。以後、徹底した聞き取り調査で、公害、朝鮮人強制連行、差別、特攻隊など民衆を苦しめた歴史の闇を暴きつづけた。1967年読売教育賞、1969年朝日・明るい社会賞、1990年青丘出版文化賞、2007年平和・協同ジャーナリスト基金賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)