• 本

青春のジョーカー

出版社名 集英社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-08-775439-1
4-08-775439-1
税込価格 1,620円
頁数・縦 246P 20cm

商品画像

商品内容

要旨

島田基哉、中学3年生。15歳。何を得て、大人になるのか。何を捨て、大人になるのか。

おすすめコメント

島田基哉、中学三年生。15歳。 何を得て、大人になるのか。何を捨て、大人になるのか。   スクールカースト最底辺のグループに所属している中学三年生の基哉。身長は180cmと高いが顔は中の下。唯一の友人、尚介・弦と話す内容はゲームのことばかり。クラスを仕切る啓太は、ことあるごとに基哉たちをいじり、笑いものにする。そんな基哉の心のよりどころは、カースト上位の女子グループに所属している咲の存在だ。彼女は他人に興味がないのか、その独特な雰囲気から聖域めいたところがあった。基哉は家に帰ると、咲を想像しながら自慰をする。行為後、膨大な時間をかけてコンプリートしたロールプレイングゲームのモンスターを一匹逃がすことで、彼女を利用した罪から目を背けていた。閉塞感の漂う毎日だが、一人の女子大生との出会いをきっかけに、基哉は学園生活においての切り札(ジョーカー)を知ることになる。   【著者略歴】 奥田 亜希子(おくだ あきこ) 1983年(昭和58年)愛知県生まれ。愛知大学文学部哲学科卒業。2013年、第37回すばる文学賞を『左目に映る星』で受賞。著書に『透明人間は204号室の夢を見る』『ファミリー・レス』『五つ星をつけてよ』『リバース&リバース』がある。

出版社・メーカーコメント

カースト最底辺のグループに所属している中学三年生の基哉。背は180cmと高いが顔は中の下。ある日、大学デビューを果たした兄が、サークル主催のBBQに基哉を誘う。一夏の経験が彼を成長させる。

著者紹介

奥田 亜希子 (オクダ アキコ)  
1983年(昭和58年)愛知県生まれ。愛知大学文学部哲学科卒業。2013年、第37回すばる文学賞を「左目に映る星」(「アナザープラネット」を改題)で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)