• 本

ポピュリズム デモクラシーの友と敵

出版社名 白水社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-560-09617-8
4-560-09617-1
税込価格 2,160円
頁数・縦 192,10P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

移民排斥運動からラディカルデモクラシーまで、現代デモクラシーの基本条件としてのポピュリズム。

目次

第1章 ポピュリズムとは何か
第2章 世界中のポピュリズム
第3章 ポピュリズムと動員
第4章 ポピュリズムの指導者
第5章 ポピュリズムとデモクラシー
第6章 原因と対応

おすすめコメント

移民排斥運動からラディカルデモクラシーまで、現代デモクラシーの基本条件としてポピュリズムを分析した記念碑的著作。

著者紹介

ミュデ,カス (ミュデ,カス)   Mudde,Cas
ジョージア大学国際関係学部准教授。1998年にライデン大(オランダ)で政治学の博士号を取得後、エディンバラ大(スコットランド)助教授、アントワープ大(ベルギー)准教授などを歴任。2014年から現職。著書のなかで、Populist Radical Right Parties in Europe(Cambridge,UK New York:Cambridge University Press,2007)は、国際社会科学協議会(International Social Science Council)などが主催する優れた社会科学研究に贈られるスタイン・ロッカン賞を受賞
カルトワッセル,クリストバル・ロビラ (カルトワッセル,クリストバルロビラ)   Kaltwasser,Crist´obal Rovira
ディエゴ・ポルタレス大学(チリ・サンティアゴ)政治学部准教授。2008年にベルリン・フンボルト大(ドイツ)で政治学の博士号を取得後、サセックス大(イギリス)でリサーチ・フェローなどを務めたのち、2013年から現職。単著の他、ミュデとの編著などがある
永井 大輔 (ナガイ ダイスケ)  
1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。2003年から05年まで英オックスフォード大学に留学。法政大学および武蔵大学兼任講師。専門は十九世紀アイルランド史
高山 裕二 (タカヤマ ユウジ)  
1979年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。明治大学政治経済学部准教授。専門は政治学・政治思想史。『トクヴィルの憂鬱』(白水社)で渋沢・クローデル賞、サントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)