• 本

ビジネスパーソンためのSDGsの教科書

出版社名 日経BP社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-8222-5700-2
4-8222-5700-2
税込価格 2,484円
頁数・縦 270P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

SDGs(持続可能な開発目標)達成のカギとなる、ESG投資の拡大、企業の最新動向を解説。15の産業グループ別に、SDGsのリスクと機会を分析。企業はSDGsを経営にどう位置づけるべきか?「17の目標への紐付け」の先にあるものは?なぜ投資家がSDGsに関心を示すのか?SDGsからみる金融市場の未来とは?―その答えがここにある。

目次

第1部 ビジネスと金融からSDGsを読み解く(SDGsとは何か
金融市場とSDGs
企業はSDGsをどう経営に位置づけるべきか)
第2部 産業別・SDGsを巡るリスクと機会(SDGs達成に向けた産業別取り組み
農林・水産
食品・飲料品
建設・不動産
石油・化学
鉄鋼・非鉄金属
機械・精密機械
輸送用機器
医療
繊維・アパレル
生活資材
流通
エネルギー
運輸
観光
情報通信)

おすすめコメント

企業経営の指針として急速に注目を集めるSDGs(持続可能な開発目標)。新規事業立案や企業価値向上に生かすための方法を解説

著者紹介

足達 英一郎 (アダチ エイイチロウ)  
株式会社日本総合研究所理事。一橋大学経済学部卒業。1990年日本総合研究所入社。経営戦略研究部、技術研究部を経て、現職。主に企業の社会的責任の観点からの産業調査、企業評価を手がける。2005年3月〜2009年5月のあいだISO26000規格化作業部会日本国エクスパート
村上 芽 (ムラカミ メグム)  
株式会社日本総合研究所マネジャー。京都大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)で再生可能エネルギー分野のプロジェクトファイナンスに従事。2003年に日本総合研究所に入社し、現職。ESG投資や評価型融資向けの企業評価、気候変動リスクと金融、子どもの参加論などを手がける
橋爪 麻紀子 (ハシズメ マキコ)  
株式会社日本総合研究所マネジャー。上智大学総合人間科学部卒業後、NTTデータで交通・エネルギー分野におけるサービス企画に従事。その後、マンチェスター大学大学院国際開発政策研究院修士課程を修了、国際協力機構においてエネルギー分野の政府開発援助事業に携わる。2012年に日本総合研究所に入社し現職。ESG側面での企業評価、インパクト創出に向けた事業検討に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)