• 本

十帖源氏 立圃自筆書入本〈翻刻と解説〉 佐賀大学附属図書館小城鍋島文庫蔵

出版社名 笠間書院
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-305-70895-3
4-305-70895-7
税込価格 12,100円
頁数・縦 403P 22cm

商品内容

要旨

原文を圧縮しながら和歌をすべて残す『十帖源氏』は近世歌人の参考書と考えられ、源氏受容の一端を伝えている。著者立圃(一五九五〜一六六九)自筆の書入れを含め近世初期の源氏音読の痕跡を残す本文から近世擬古文のテキストが立ち現れる。源氏物語研究のみならず、和歌・俳諧・仮名草子・国語学研究にも重要な資料。

目次

序文
桐壺
帚木
空蝉
夕顔
若紫
末摘花
紅葉賀
花宴
葵〔ほか〕

著者紹介

白石 良夫 (シライシ ヨシオ)  
元佐賀大学教授。博士(文学)(九州大学)
中尾 友香梨 (ナカオ ユカリ)  
佐賀大学准教授。博士(比較社会文化)(九州大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)