• 本

ふたりみち

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-04-104745-3
4-04-104745-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 355P 19cm

商品内容

要旨

函館から津軽海峡をフェリーで渡る67歳の野原ゆかりは、元ムード歌謡の歌手。借金返済のため、営業の旅に復帰したのだ。その船内で知り合った12歳の家出少女森川縁が、なぜかゆかりの後をついて来る。旅先で起きるトラブルや55歳の歳の差を乗り越えて、いつしかふたりは固い絆で結ばれていく。そしてたどり着いた最後の会場、東京。そこにはゆかりの悲しい過去が刻まれていた…。

おすすめコメント

『愛の賛歌』にのせて描かれる、号泣のラスト。山本幸久、最高傑作! 「生まれてきた。ただそれだけで、あなたは、かけがえのない存在」借金返済のため67歳でドサ回り。元昭和歌謡歌手ゆかりの人生を『愛の賛歌』に乗せて描く、笑って笑って笑って号泣のラスト。山本幸久の最高傑作!

著者紹介

山本 幸久 (ヤマモト ユキヒサ)  
1966年東京都生まれ。中央大学文学部卒業後、会社勤務を経て、編集プロダクション勤務。2003年『笑う招き猫』で第16回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。人情味あふれるあたたかな作風で人気を博す。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)