• 本

東南アジアのポピュラーカルチャー アイデンティティ・国家・グローバル化

出版社名 スタイルノート
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-7998-0167-3
4-7998-0167-8
税込価格 4,320円
頁数・縦 478P 21cm

商品内容

要旨

東南アジアの息吹とポピュラーカルチャー研究から東南アジアの日常にせまる。映画、音楽、ファッション、社会現象が描きだす東南アジアの実像。時代とともに変化する、技術、メディア、情報、流通、そして伝播。新進気鋭の若手からベテランまで、多様な執筆陣による意欲的ポピュラーカルチャー論集。

目次

東南アジアのポピュラーカルチャー―アイデンティティ・国家・グローバル化
第1部 せめぎあう価値観の中で(タイ映画・テレビドラマ・CM・MVにみる報恩の規範―美徳か抑圧か、「親孝行」という名のもとに
シンガポールにおける政府対映画製作者間の「現実主義的相互依存/対立関係」
農村のポピュラー文化―グローバル化と伝統文化保存・復興運動のはざま
国民映画から遠く離れて―越僑監督ヴィクター・ヴーのフィルムにおける、ベトナム映画の脱却と継承)
第2部 メディアに描かれる自画像(フィリピン・インディペンデント映画の黄金時代―映画を通した自画像の再構築
インドネシア映画に描かれた宗教と結婚をめぐる葛藤
フィリピンのゲイ・コメディ映画に投影された家族のかたち―ウェン・デラマス監督の『美女と親友』を中心に
スンダ音楽の「モダン」の始まり―ラジオと伝統音楽)
第3部 近代化・グローバル化社会における文化実践(メディアから生まれるポピュラー音楽―ミャンマーの流行歌謡とレコード産業
インドネシア・インディーズ音楽の夜明けと成熟
人形は航空券を買うことができるか?―タイのルークテープ人形にみるブームの生成と収束
越境するモーラム歌謡の現状―魅せる、聴かせる、繋がる
「ラヤール・タンチャップ」の現在―変容するインドネシア野外映画上映の「場」)

著者紹介

福岡 まどか (フクオカ マドカ)  
大阪大学大学院人間科学研究科教授。修士(音楽)(東京藝術大学大学院音楽研究科、1992年)。博士(文学)(総合研究大学院大学文化科学研究科、1998年)。専門:民族音楽学、文化人類学、地域研究(インドネシア)。インドネシアの舞踊・演劇を中心に東南アジア芸能の研究に従事。ジャワ島の仮面舞踊の研究を通して、芸の伝承、仮面の表現と舞踊との関係、演劇と物語世界などに関心を抱く。その後、ジャワ島の女形ダンサーの活動を調査し、芸術におけるジェンダー表現や身体表象に関心を広げる
福岡 正太 (フクオカ ショウタ)  
国立民族学博物館人類基礎理論研究部准教授。芸術学修士(東京藝術大学大学院音楽研究科、1991年)。専門:民族音楽学、地域研究(インドネシア)。インドネシアを中心に東南アジアの伝統音楽と芸能の研究に従事。ラジオ、レコード、音楽カセットテープなどのマスメディアの普及による西ジャワのスンダ人の伝統音楽の展開について調査研究をおこなってきた。東南アジア各地および日本の芸能の映像記録作成にもたずさわり、無形文化遺産の伝承における映像の活用可能性についても関心をもっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)