• 本

数学がいまの数学になるまで

出版社名 丸善出版
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-621-30168-5
4-621-30168-3
税込価格 3,630円
頁数・縦 411P 21cm

商品内容

要旨

数学を教え、学ぶことはなぜそんなに難しいのか?これを理解するために、本書では、進化の生存競争で利点をもたらした結果、人間に生得的に埋め込まれるようになった直観的な数学の能力と、そうでない能力の違いを認識する重要性を指摘する。本書ではまず、ギリシャから始まり、ニュートン力学、電磁気の理論、相対論から量子論にいたるまで、物理的世界の記述のために数千年にわたって発展してきた数学が、直観的な数学とは衝突すると解説する。他にも、大きなサイズの標本に正しく対処する統計学的な能力や、ゲーム理論などの人間集団が取る行動の数学的分析のほか、人間には理解不能なコンピューターの高速性も直観的でないと説明され、それは論理を基礎とした厳密な数学のあり方にまで及ぶ。

目次

第1章 進化と数学と数学の進化
第2章 数学とギリシャの人たちの世界観
第3章 数学と近代初期の世界観
第4章 数学と近代の世界観
第5章 ランダム性の数学
第6章 人間行動の数学
第7章 計算とコンピューター
第8章 本当に疑いはないか
第9章 数学における研究の性格
第10章 数学を教え、学ぶことはなぜそんなに難しいのか

おすすめコメント

現在の数学のあり方と人間が進化の過程で獲得してきた能力との相容れなさを、数学史や例題から解説した一冊。

著者紹介

アーテシュテイン,Z. (アーテシュテイン,Z.)   Artstein,Zvi
ヴァイツマン科学研究所(Weizmann Institute of Science)教授
落合 卓四郎 (オチアイ タクシロウ)  
数学教育学会会長、東京大学名誉教授、日本体育大学元学長
植野 義明 (ウエノ ヨシアキ)  
東京工芸大学工学部准教授、東京大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)