• 本

データサイエンス入門

岩波新書 新赤版 1713

出版社名 岩波書店
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-00-431713-5
4-00-431713-4
税込価格 821円
頁数・縦 166,5P 18cm

商品内容

要旨

ビッグデータの時代だ。さまざまな分野の研究がデータ駆動型に変わってきている。ビジネスでのビッグデータ利用も人工知能の開発とあいまって盛んだ。データ処理、データ分析に必要な情報学(コンピュータ科学)、統計学の基本知識をおさえ、新たな価値創造のスキルの学び方を紹介する。待望の入門書。

目次

1 ビッグデータの時代(データサイエンスの登場
台頭するデータサイエンティスト
統計学の流れ ほか)
2 データとは何か(定義と種類
コストと価値
ばらつきと分布 ほか)
3 データに語らせる―発見の科学へ向けたスキル(データサイエンスのスキルの学び方
データ処理と可視化
データの分析とモデリング ほか)
付録1 統計学の歴史の概要
付録2 コンピュータの歴史の概要

おすすめコメント

データの処理・分析に必要な基本知識と、データからの価値創造のスキルの学び方を紹介する待望の入門書。

著者紹介

竹村 彰通 (タケムラ アキミチ)  
1978年東京大学大学院経済学研究科理論経済学・経済史学専門課程修士課程修了。スタンフォード大学統計学科客員助教授、東京大学経済学部教授、同大学大学院情報理工学系研究科教授等を経て、2016年滋賀大学データサイエンス教育研究センター長に就任。現在、同大学データサイエンス学部長。日本統計学会賞(2008年)、日本統計学会出版賞(2014年)などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)