• 本

古墳空中探訪 列島編

出版社名 新泉社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-7877-1804-4
4-7877-1804-5
税込価格 3,024円
頁数・縦 127P 26cm
シリーズ名 古墳空中探訪

商品内容

要旨

古市古墳群、百舌鳥古墳群をはじめ、北は岩手から南は鹿児島まで、列島の主要古墳を空撮。

目次

大阪を飛ぶ(古市古墳群
百舌鳥古墳群
淡輪古墳群
河内・和泉の古墳
淀川北岸の古墳)
近畿周辺を飛ぶ(山城の古墳
丹波・丹後の古墳
播磨の古墳
近江の古墳)
東へ飛ぶ(三重の古墳
愛知の古墳
長野・山梨の古墳
関東の古墳
東北の古墳)
西へ飛ぶ(中国・四国の古墳
九州の古墳)

おすすめコメント

古墳は空からみると、よくわかる! 周辺の地形・景観を入れたオールカラーの大判写真で、全国の古墳を空から探訪。   <列島編> 世界文化遺産への推薦が決まった百舌鳥・古市古墳群をはじめ、北は岩手から南は鹿児島まで、列島の主要古墳ベストショット130枚を収録。

著者紹介

梅原 章一 (ウメハラ ショウイチ)  
1945年兵庫県生まれ。日本写真専門学校卒業。写真スタジオ、航空写真プロダクションを経て、梅原章一写真事務所を開設。日本写真家協会会員。1970年代より古墳の空撮をはじめ、今までに撮影飛行した回数は数知れず。全国の古墳を撮影している
今尾 文昭 (イマオ フミアキ)  
1955年兵庫県生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業。博士(文学)。奈良県立橿原考古学研究所調査課長を経て、関西大学非常勤講師など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)