• 本

道徳教育の方法 理論と実践

放送大学叢書 042

出版社名 左右社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-86528-192-7
4-86528-192-4
税込価格 1,836円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

授業をどう作るか?どう評価するか?道徳教育の理論・方法・周辺をニュートラルかつ具体的に解説。教科化対応授業の指導案掲載!

目次

第1部 道徳教育の理論(道徳と教育
道徳教育の歴史
学習指導要領と道徳教育
道徳性の発達と社会化)
第2部 道徳授業の方法(伝統主義的アプローチ
進歩主義的アプローチ
教科教育と特別活動と生徒指導)
第3部 道徳教育とその周辺(家庭・地域社会
人権教育
宗教教育
諸外国の道徳教育
道徳教育の課題)

著者紹介

林 泰成 (ハヤシ ヤスナリ)  
道徳教育論、教育哲学。上越教育大学副学長・教授。文学修士。日本道徳教育方法学会副会長、日本道徳教育学会理事。日本道徳性発達実践学会常任理事。1959年福井県に生まれる。1983年同志社大学文学部文化学科哲学及び倫理学専攻卒業。1986年同志社大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了(文学修士)。1991年同志社大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学。1996年上越教育大学助教授(2007年まで)。2007年上越教育大学教授。2009年上越教育大学附属小学校長(2011年3月まで)。2013年上越教育大学副学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)