• 本

ゲームする人類 新しいゲーム学の射程

La science sauvage de poche 06

出版社名 明治大学出版会
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-906811-25-0
4-906811-25-6
税込価格 2,200円
頁数・縦 218,5P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

文明の始まりにゲームがあった?日本のゲームと世界のゲームはどう違う?『アースダイバー』と『ポケモンGO』の共通点は?人類史をみすえる思想家、天才ゲームクリエイター、気鋭のゲーム史家が、ゲームデザインのもつ可能性と日本ゲームの独自性について語りつくす!

目次

序章 ゲーム学の始まりに向けて(ゲームのポイエーシス
ノンヒューマンとのインタラクション ほか)
第1章 日本ゲームはいかに語られてきたか―ゲームの批評/研究がめざすもの(なぜゲームでは「ふつう」の批評が成立しないのか?
ゲーム批評史“1980年代前半”「ゼビウス」がゲームの批評意識を目覚めさせた ほか)
第2章 日本ゲームは何を表現してきたか―ゲームデザインと文化の変遷をめぐって(『ゼビウス』の革新性と歴史的影響
MMOとしての『ドラクエ』日本と海外におけるゲーム観の相違 ほか)
第3章 日本ゲームのオリジナリティ(大大学でゲームを教えるということ
日本ゲームは海外からどう見られているか ほか)
第4章 ゲームの起源、ゲームの未来(歴史のバイロジック
戦争と遊び ほか)

著者紹介

中沢 新一 (ナカザワ シンイチ)  
明治大学研究・知材戦略機構特任教授。1950年、山梨県生まれ。宗教から哲学まで、芸術から科学まであらゆる領域にしなやかな思考を展開する思想家・人類学者
遠藤 雅伸 (エンドウ マサノブ)  
1959年東京都生まれ。ゲームクリエイター、東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授。株式会社ゲームスタジオ創業者・相談役、日本デジタルゲーム学会副会長。千葉大学工学部画像工学科卒業。1983年に「ゼビウス」で大ブームを巻き起こし、ゲームデザインの最先端を走り続ける
中川 大地 (ナカガワ ダイチ)  
1974年東京都生まれ。文筆家、編集者。『PLANETS』副編集長。明治大学野生の科学研究所所員。アニメ・ゲーム関連のコンセプチュアルムックの制作を中心に、各種評論・ルポ・雑誌記事等を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)