• 本

死体からのメッセージ

新書y 316

出版社名 洋泉社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-8003-1456-7
4-8003-1456-9
税込価格 1,026円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

精密な技術と最新知識に加えて迅速な行動力が求められる法医学の現場。その第一人者として、数々の事件・事故で医学鑑定に携わり、時には冤罪を証明してきた著者が、法医学者生活50年を振り返って、貴重な体験を記した。

目次

第1章 死体との対話(私を目覚めさせた「今年は豊年ですね」事件
解剖しないと真相はわからない
見えることと見抜くこと)
第2章 小説より奇な事件もある(ある赤ちゃんの殺害事件
事故につながった変わった趣味
ぐるぐる巻きにされていた死体 ほか)
第3章 事件・事件の現場から(航空機事故現場の法医学
阪神・淡路大震災の現場から ほか)
第4章 精度の増したDNA型鑑定とその問題点(科学の進歩と真相究明
別人の臓器が提出された不可解な保土ケ谷事件 ほか)

著者紹介

押田 茂實 (オシダ シゲミ)  
1942年、埼玉県生まれ。東北大学医学部卒業。日本大学医学部法医学名誉教授。医学博士。さまざまな事件に関する法医解剖、DNA鑑定、薬毒物分析、重大事件・災害での遺体検案、医療事故の分析・予防対策など、50年にわたって法医学現場の第一線で活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)