• 本

日本SF傑作選 5

光瀬龍 スペース・マン/東キャナル文書

ハヤカワ文庫 JA 1325

出版社名 早川書房
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-15-031325-8
4-15-031325-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 734P 16cm
シリーズ名 日本SF傑作選

商品内容

要旨

現代日本SF第一世代作家6人の傑作選を日下三蔵の編集により刊行するシリーズ。第5弾は、オールタイム・ベスト長篇『百億の昼と千億の夜』などの未来叙事詩で知られる光瀬龍。「無の障壁」「勇者還る」「異境」など、無常観あふれる宇宙におけるスペース・マンたちの悲哀と誇りを描く初期宇宙SF群、代表作“宇宙年代記”シリーズと世界観を同じくする「東キャナル文書」「アマゾン砂漠」「火星人の道」連作など、全15篇の珠玉作を収録する。

著者紹介

光瀬 龍 (ミツセ リュウ)  
1928年、東京生まれ。本名・飯塚喜美雄。東京教育大学理学部および同文学部哲学科卒後、中学や高校で理科の教師を務める。60年、SF同人誌“宇宙塵”に発表したショート・ショート「同業者」が“ヒッチコック・マガジン日本版”に転載されてデビュー。62年、「晴の海一九七九年」を“SFマガジン”に発表して本格的に活動を開始する。1999年7月7日没。没後、その功績に対して第20回日本SF大賞特別賞が贈られた
日下 三蔵 (クサカ サンゾウ)  
ミステリ・SF評論家、フリー編集者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)