• 本

玉村警部補の巡礼

出版社名 宝島社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-8002-8113-5
4-8002-8113-X
税込価格 1,490円
頁数・縦 271P 20cm

商品内容

要旨

四国であがる犯罪者たちの水死体。加納警視正は謎を追い、リフレッシュ休暇で遍路に出た玉村警部補に無理やり同行する。そんな二人の行く先々には、いつも不可解な事件が…。

出版社・メーカーコメント

お遍路道中で次々と難事件が…!

累計1000万部突破「チーム・バチスタ」シリーズに登場する“加納&玉村”コンビが、お遍路道中で難事件を解決!休暇を利用して八十八ヵ所を巡拝する四国遍路に出た玉村警部補。しかし、なぜか同行してきた警察庁の加納警視正と、行く先々で出くわす不可解な事件に振り回され……。軽やかに跳躍する海堂ワールド、珠玉のミステリー4編。「阿波 発心のアリバイ」お遍路の道中に遭遇した賽銭泥棒事件。加納警視正は容疑者となった女の無実を証明できるのか。「土佐 修行のハーフ・ムーン」十年前に起きた政治家秘書不審死事件の容疑者には、鉄壁のアリバイが存在した――。「伊予 菩提のヘレシー」蚊を信仰する寺で発見された不審死体。事件性はないように思われたが、加納はAiの実施を主張する。「讃岐 涅槃のアクアリウム」讃岐のひょうげ祭りに爆破テロ予告が!その背後には巨大な闇組織の暗躍があった……。 ※この物語は完全なフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物・団体等とは一切関係ありません。

著者紹介

海堂 尊 (カイドウ タケル)  
1961年、千葉県生まれ。医師、作家。2006年、『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)で第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。同シリーズは累計発行1000万部を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)