• 本

建築工事における施工シミュレータ 設計BIMと施工BIMとの橋渡し

早稲田大学理工総研叢書シリーズ No.31

出版社名 早稲田大学出版部
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-657-18002-5
4-657-18002-9
税込価格 3,240円
頁数・縦 211P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

01 施工とコンピュータ
02 施工シミュレータの基礎
03 施工モデルによる工事現場の表現方法
04 アルゴリズミック計画
05 施工シミュレータの事例への適用
06 施工シミュレータの課題

著者紹介

嘉納 成男 (カノウ ナルオ)  
早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科教授。1947年兵庫県神戸市に生まれる。1970年早稲田大学理工学部建築学科卒業後、同大学理工学部建設工学専攻大学院に進学、1977年同大学助手、講師、助教授を経て1988年より同大学教授。工学博士。専門は、建築生産、建築施工。建設産業の仕組み研究、施工や工事管理の合理化に関する研究に従事。1995年日本建築学会賞(論文)受賞。日本建築学会関東支部長(2000年6月〜2002年5月)、日本建築学会副会長(2005年6月〜2007年5月)。建設経済研究所理事、日本VE協会理事、建設業災害防止協会参与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)