• 本

声のサイエンス あの人の声は、なぜ心を揺さぶるのか

NHK出版新書 548

出版社名 NHK出版
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-14-088548-2
4-14-088548-3
税込価格 886円
頁数・縦 247P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

なぜ人は自分の声が嫌いなのか?どうして「いい声」の人の言葉には、そうでない人より説得力があるのか?私たちが何気なく使い、聞いている声には、じつは絶大な力が秘められている。声は人間の感情や無意識にダイレクトに影響を与え、聞く者の行動さえも左右するのだ。そんな「声」の持つ力について、本書は多彩な科学的知見と豊富な事例を交えて解説している。言葉では嘘をつけても、声はあなたの感情、健康状態から性格、成育歴まで、否応なくその真実を晒す。私たちのほとんどの人がじつは声を「作って」いるが、自分自身の「本物の声」を取り戻すことで、自身の心身を健全に保つとともに、人の心を揺さぶり、動かせるようになるのだという。著者は音楽・音声ジャーナリストで、「音・人・心 研究所」理事、NPO法人「ミュージックソムリエ協会」における音楽心理学の講師などとして活躍。学校教材の執筆も多く手がけている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年05月05日]

商品内容

要旨

なぜ人は録音した自分の声が嫌いなのか?どうして「いい声」の人の言葉には、そうでない人より説得力があるのか?私たちが普段何気なく使い、聞いている声には、じつは絶大な力が秘められている。それは人の心を動かし、揺さぶり、自分自身の心身さえ変えていく力を持っている―。声という神秘的で謎に満ちた「音」の正体を、多彩な知見と豊富な事例からひもとく驚きの書。

目次

第1部 声はあなたのすべてを晒す(聴覚、脳の驚くべき仕組み
病気になるとどうして声が変わるのか
あなたの声は社会によって作られている)
第2部 人を「動かす」声の力(教会の天井はなぜ高いのか
政治家の声はどこまで戦略的?
ブルーハーツの歌はなぜ若者の心をつかんだのか)
第3部 自分を「変える」声の力(どうして人は自分の声が嫌いなのか
私たちの「本物の声」とは
自分の声を定着させるには
声はあなたの人生の味方)

著者紹介

山崎 広子 (ヤマザキ ヒロコ)  
音楽・音声ジャーナリスト。「音・人・心研究所」理事。日本音楽知覚認知学会所属。国立音楽大学卒業後、複数の大学で心理学および音声学を学び、認知心理学をベースに人間の心身への音声の影響を研究している。学校教材の執筆も多く手がけ、NPO法人「ミュージックソムリエ協会」では音楽心理学の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)