• 本

伝説の編集者坂本一亀とその時代

河出文庫 た45−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-309-41600-7
4-309-41600-4
税込価格 913円
頁数・縦 231P 15cm

商品内容

要旨

文芸誌「文藝」の復刊と新人発掘のための「文藝賞」創設に尽力し、気鋭の戦後派作家たちを次々と世に送り出した編集者・坂本一亀。青春時代に体験した戦争を激しく憎悪し、妥協なき精神で作家と文学に対峙した坂本が、戦後の日本に問うたものとは何だったのか?新しい文学の胎動に寄り添い、“戦後”という時代を作った編集者の類まれなる軌跡に迫る、評伝の決定版。

目次

戦地からの生還、河出書房入社
野間宏『青年の環』と『真空地帯』
椎名麟三『永遠なる序章』
三島由紀夫『仮面の告白』
中村真一郎『シオンの娘等』など『死の影の下に』連作
埴谷雄高、武田泰淳、梅崎春生、船山馨など
推理小説と水上勉の登場
小田実『何でも見てやろう』
「文藝」復刊と「文藝」新人の会
高橋和巳、真継伸彦など
山崎正和、井上光晴など
黒井千次、丸谷才一など
平野謙『文藝時評』、いいだ・もも、辻邦生など
野間宏『青年の環』完結、高橋和巳の死
構想社設立と引退、島尾敏雄の死

おすすめコメント

戦後の新たな才能を次々と世に送り出した編集者・坂本一亀は戦後日本に何を問うたのか? 妥協なき精神で作家と文学に対峙し、〈戦後〉という時代を作った編集者の軌跡に迫る評伝の決定版。

著者紹介

田邊 園子 (タナベ ソノコ)  
1937年、東京都生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒。61年から78年まで河出書房新社に勤務。退社後は自由な立場で編集・文筆に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)