• 本

日本名城紀行 3

SHOGAKUKAN Classic Revival

出版社名 小学館
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-09-353105-4
4-09-353105-6
税込価格 594円
頁数・縦 276P 19cm
シリーズ名 日本名城紀行

商品内容

要旨

1977〜78年に小学館より発刊された「探訪日本の城」シリーズに掲載された名城エッセイの復刊。第3巻は井上ひさし、武田八洲満、杉本苑子、山本茂実、水上勉、村上元三、岡本好古、福田善之、青地晨の9名の文豪たちが個性豊かに描く日本各地の名城紀行である。視点や構成も作家により様々で、当時の現地を訪れて関係者を取材した様子なども記された城案内。城マニアにも大好評の第3弾。

目次

山形城―旅人だった山形の城主たち(井上ひさし)
浜松城―若き日の秀吉と家康(武田八洲満)
名古屋城―吉宗にさからった御三家筆頭(杉本苑子)
松本城―戦国痛恨の砦(山本茂実)
一乗谷城―花やぎの香り残す守護の館(水上勉)
大坂城―徳川幕府が再建した巨城(村上元三)
茨木城―天下盗りの陰にひそむドラマ(岡本好古)
萩城―維新の志士が仰ぎ見た城(福田善之)
佐賀城―化け猫の城に反乱の弾痕(青地晨)

出版社・メーカーコメント

文豪たちが描く日本の「名城紀行」シリーズ1977〜78年に小学館より発刊された「探訪日本の城」シリーズに掲載された作家の紀行文の復刊。第3巻は井上ひさし、武田八洲満、杉本苑子、山本茂実、水上勉、村上元三、岡本好古、福田善之、青地晨の9名の文豪たちが個性豊かに描く日本各地の名城紀行である。視点も作家により様々で、ガイドブックとはひと味もふた味も異なる城案内。史料をベースにまとめる作家もいれば、自分や家族とのかかわりから展開していく作家もいて、実にバラエティに富んでおり、時間が経っても色あせない名文揃いで、城マニアにもお勧めの一冊。

著者紹介

井上 ひさし (イノウエ ヒサシ)  
1934年〜2010年。72年、「手鎖心中」で直木賞受賞
武田 八洲満 (タケダ ヤスミ)  
1927年〜1986年。「大事」「紀伊国屋文左衛門」「信虎」「炎の旅路」「生麦一条」など
杉本 苑子 (スギモト ソノコ)  
1925年〜2017年。62年、「孤愁の岸」で直木賞受賞
山本 茂実 (ヤマモト シゲミ)  
1917年〜1998年。雑誌「葦」を創刊
水上 勉 (ミズカミ ツトム)  
1919年〜2004年。61年、「雁の寺」で直木賞受賞
村上 元三 (ムラカミ ゲンゾウ)  
1910年〜2006年。41年、「上総風土記」で直木賞受賞
岡本 好古 (オカモト ヨシフル)  
1931年〜2018年。「空母プロメテウス」「無形商品」「黄染地帯」「日本海海戦」など
福田 善之 (フクダ ヨシユキ)  
1931年〜。劇作家で演出家。「壁の中の妖精」で紀伊国屋演劇賞受賞
青地 晨 (アオチ シン)  
1909年〜1984年。ジャーナリスト、評論家で「世界評論」の初代編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)