• 本

完全犯罪 加田伶太郎全集

創元推理文庫 Mふ8−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-488-47811-7
4-488-47811-5
税込価格 1,430円
頁数・縦 449P 15cm

商品内容

要旨

資産家が住まう洋館に届いた英文の脅迫状と、奇怪な密室殺人―迷宮入になった十年以上前の事件を巡って四人の男が推理を競う傑作「完全犯罪」を始めとする、古典文学者・伊丹英典の華麗なる探偵譚。幻の推理作家・加田伶太郎=福永武彦が謎解きの粋を凝らした全八編を収める。精緻な論理と遊戯性を共存させて、日本推理小説史上に於いて記念碑的一冊に数えられる推理小説集。

出版社・メーカーコメント

資産家が住まう洋館に届いた英文の脅迫状と、奇怪な密室殺人――迷宮入になった十年以上前の事件を巡って四人の男が推理を競う傑作「完全犯罪」。著者の加田伶太郎は、本作を始めとする僅か数編の短編小説を以て斯界に名を知らしめた。――謎に包まれたその正体は、戦後日本文学に偉大な足跡を残す作家・福永武彦のもうひとつの顔であった。精緻な論理と遊戯性を共存させ、日本推理小説史上に於いて記念碑的一冊に数えられる推理小説集。解説=法月綸太郎

著者紹介

福永 武彦 (フクナガ タケヒコ)  
1918年福岡県生まれ。東京帝国大学卒。46年に処女作「塔」を発表、54年に発表した『草の花』で作家としての評価を確立する。61年『ゴーギャンの世界』が第15回毎日出版文化賞を、72年『死の島』が第4回日本文学大賞を受賞。79年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)