• 本

国体論 菊と星条旗

集英社新書 0928

出版社名 集英社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-08-721028-6
4-08-721028-6
税込価格 1,015円
頁数・縦 347P 18cm

商品内容

要旨

明治維新から現在に至るまで、日本社会の基軸となってきたものは「国体」である―。象徴天皇制の現代社会で「国体」?それは死語ではないのか?否、「国体」は戦後もこの国を強く規定している。一九四五年八月、大日本帝国は「国体護持」を唯一の条件として敗戦を受け容れた。ただし、その内実は激変した。「戦後の国体」とは、天皇制というピラミッドの頂点に、アメリカを鎮座させたものなのだ。なぜ、かくも奇妙な「国体」が生まれたのか。「戦後の国体」は、われわれをどこに導くのか。『永続敗戦論』の白井聡による、衝撃作!

目次

第1章 「お言葉」は何を語ったのか
第2章 国体は二度死ぬ
第3章 近代国家の建設と国体の誕生(戦前レジーム:形成期)
第4章 菊と星条旗の結合―「戦後の国体」の起源(戦後レジーム:形成期1)
第5章 国体護持の政治神学(戦後レジーム:形成期2)
第6章 「理想の時代」とその蹉跌(戦後レジーム:形成期3)
第7章 国体の不可視化から崩壊へ(戦前レジーム:相対的安定期〜崩壊期)
第8章 「日本のアメリカ」―「戦後の国体」の終着点(戦後レジーム:相対的安定期〜崩壊期)
終章 国体の幻想とその力

出版社・メーカーコメント

いかにすれば日本は、自立した国、主体的に生きる国になりうるのか? 鍵を握るのは、天皇とアメリカ――。誰も書かなかった、日本の深層! 【各界の識者が絶賛!】 ■水野和夫氏(経済学者・法政大学教授) 『永続敗戦論』を凌駕する、緻密な分析、大胆な結論。平成最後の名著。 ■内田樹氏(思想家・神戸女学院大学名誉教授) 菊と星条旗の嵌入という絶望から、希望を生みだす知性に感嘆。爽快な論考! ■島薗進氏(宗教学者・東京大学名誉教授) 鋭利な分析軸で切り拓かれた「国体論」の新地平! 対米従属からこそ見える近代日本の深層がここに。 ■保阪正康氏(ノンフィクション作家) 「戦後の国体」という、斬新な視点に唸った。現代の危機の本質を明確にする、優れた一冊。 【おもな内容】 自発的な対米従属を、戦後七〇年あまり続ける、不思議の国・日本。 この呪縛の謎を解くカギは、「国体」にあった!  「戦前の国体=天皇」から「戦後の国体=アメリカ」へ。 気鋭の政治学者が、この国の深層を切り裂き、未来への扉を開く! ●明治維新から敗戦。敗戦から現代へ。 「国体」を知ると、この150年の歴史が全く違って見えてくる! ・なぜ、冷戦の終焉後に、対米従属の度合いを日本は深めてしまったのか。 ・アメリカが、現代日本の「国体」に。その「まさか」の歴史的経緯とは? ・万世一系の天皇とその赤子(国民)で構成された「永遠の家族」=「戦前の国体」。  明治維新の時点から、「国体」が抱えていた矛盾とは何か。 ・「天皇崇敬」と「アメリカ崇拝」の相似性。 ・支配されている現実すら、人々が否認してしまう「国体」の本質とは? ●歴史は二度、繰り返す。 ・「国体」が、日本人の主体性をいつも骨抜きにしてしまう理由。 ・日本経済の長期停滞、日本外交の失敗の連続。戦前の失敗に通じる、本質的な原因とは? ・「戦後の国体」から目をそらすと生じる、二度目の日本の悲劇。

内容抜粋

【目次】  序――なぜいま、「国体」なのか 年 表 反復する「国体」の歴史 第1章 「お言葉」は何を語ったのか 第2章 国体は二度死ぬ 第3章 近代国家の建設と国体の誕生(戦前レジーム:形成期) 第4章 菊と星条旗の結合――「戦後の国体」の起源(戦後レジーム:形成期1) 第5章 国体護持の政治神学(戦後レジーム:形成期2) 第6章 「理想の時代」とその蹉跌(戦後レジーム:形成期3) 第7章 国体の不可視化から崩壊へ(戦前レジーム:相対的安定期〜崩壊期) 第8章 「日本のアメリカ」――「戦後の国体」の終着点(戦後レジーム:相対的安定期〜崩壊期) 終 章 国体の幻想とその力 【著者略歴】 白井 聡(しらい さとし) 政治学者。1977年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。博士(社会学)。専門は社会思想、政治学。京都精華大学人文学部専任講師。おもな著作に『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版・石橋湛山賞、角川財団学芸賞受賞)など。

著者紹介

白井 聡 (シライ サトシ)  
1977年、東京都生まれ。政治学者。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。博士(社会学)。専攻は政治学・社会思想。京都精華大学人文学部専任講師。『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版)で、石橋湛山賞、角川財団学芸賞、いける本大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)