• 本

宇治拾遺物語 全訳注 下

講談社学術文庫 2492

出版社名 講談社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-06-292492-4
4-06-292492-7
税込価格 2,700円
頁数・縦 871P 15cm
シリーズ名 宇治拾遺物語

商品内容

要旨

鎌倉時代前期に成立した代表的説話集。上巻に引き続き人の耳目をひく話を集める。都の巷から鄙の里、震旦・天竺まで、世の奇異なものへと開かれる好奇心。仏菩薩の霊験に純朴な感情で、えせ聖や詐欺・幻術師に分別の言葉で、民衆の思慮がさまざまに語られる。歴史的事件の真相話などを含む九四話を収録。古本系統『伊達本』を底本として全訳・解説。

目次

猟師、仏を射る事
千手院の僧正、仙人に逢ふ事
滝口道則、術を習ふ事
宝志和尚の影の事
越前敦賀の女、観音助け給ふ事
くうすけが仏供養の事
つねまさが郎等、仏供養の事
歌読みて罪を免さるる事
大安寺の別当の女に嫁する男、夢見る事
博打の子、聟入りの事〔ほか〕

おすすめコメント

鎌倉時代成立の代表的説話集。貴族・聖から庶民までが登場し、さらに震旦・天竺の面白話まで収集される。底本は古本系統『伊達本』。

著者紹介

高橋 貢 (タカハシ ミツグ)  
1932年生まれ。早稲田大学大学院修了。梅光女学院大学教授、専修大学教授を歴任。文学博士
増古 和子 (マスコ カズコ)  
1933年生まれ。早稲田大学大学院修了。上野学園大学助教授、国士舘短期大学教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)