• 本

量子論に基づく無機化学 群論からのアプローチ

増補改訂版

出版社名 名古屋大学出版会
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-8158-0907-2
4-8158-0907-0
税込価格 4,950円
頁数・縦 334P 21cm
シリーズ名 量子論に基づく無機化学

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

分子の構造や反応の成否は、いかにして決まるのか?必要な数学的技法を基礎から身につけながら、無機化学を論理的に学びなおす。解説や反応例がさらに充実。

目次

第1部 群論の基礎(群論入門
指標表の見方と使い方
錯体の対称性によって変化する軌道の帰属)
第2部 構造とスペクトル(群論と分子の振動
遷移金属錯体のd‐d吸収スペクトル
化学構造を支配する物理学的理論 ほか)
第3部 無機化学反応(無機化学における溶液論
溶液内の反応速度論
電子移動反応とその理論 ほか)

著者紹介

高木 秀夫 (タカギ ヒデオ)  
1954年三重県に生まれる。1978年東京工業大学理学部化学科卒業。1983年東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻博士課程修了。名古屋大学大学院理学研究科/物質科学国際研究センター・准教授、工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)