• 本

桜狼 鹿取警部補

ハルキ文庫 は3−28

出版社名 角川春樹事務所
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-7584-4157-5
4-7584-4157-X
税込価格 724円
頁数・縦 350P 16cm

商品内容

要旨

警視庁捜査一課の鹿取信介。以前は公安部に属し、警察庁警備局長の直轄で「隠れ公安」として動いていた。鹿取は世田谷区宮坂で起きた発砲事件で、所轄の女性刑事・吉田裕美とタッグを組むことになる。うんざりしながらも捜査を進める中、この発砲事件の裏にきな臭いさまざまな影が見えてきた。一方で必要以上にやくざを憎み「心火の敵」とまで言い切る吉田の過去にはいったい何が―。「公安捜査」「隠れ公安」シリーズの鹿取刑事を主人公に描く、新シリーズ第一弾!!

著者紹介

浜田 文人 (ハマダ フミヒト)  
1949年生まれ。関西大学法学部卒。プロ雀士、ライターを経て、2000年に処女作『公安捜査』を発表。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)