• 本

不合理だらけの日本スポーツ界

ディスカヴァー携書 201

出版社名 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-7993-2251-2
4-7993-2251-6
税込価格 1,080円
頁数・縦 223P 18cm
エラー│全国書店ネットワーク e-hon

お探しのページを表示できません。

何らかの理由でページを正しく表示できませんでした。大変申し訳ございません。
サイトが混み合っているか、お探しの情報が移動・終了した可能性がございます。
通信エラーの場合は、再度ブラウザを読み込んでみてください。

商品内容

要旨

メダル数の差、それを生むシステム、メダリストたちのセカンドキャリア、どれを取っても、日本のスポーツはアメリカのスポーツに大きく水をあけられている。「警鐘を鳴らす」などというおこがましい表現はさけたいが、「アメリカのスポーツ」という日本人にとっては少し特殊な現場にいる私こそ、その役目を果たさなければならない1人ではないかと感じている。

目次

第1章 日米スポーツ事情(ヘッドスライディングに見る日本のスポーツの不合理
「声出し」は有効か?
アメリカのスポーツに見られる合理性 ほか)
第2章 アメリカのスポーツにあり、日本のスポーツにないもの(カレッジスポーツ
指導者
スポーツ医療 ほか)
第3章 2020年へ、そして、日本スポーツの未来へ向けての提案(もしも、アメリカに相撲があったら
2040年に向けて)

おすすめコメント

NewsPiclsの人気連載 待望の書籍化 「体育会系」ではもう勝てない! 名門チームを指導する著者が語る、スポーツを取り巻くWシステムWの日米比較

著者紹介

河田 剛 (カワタ ツヨシ)  
1972年7月9日生まれ。埼玉県さいたま市出身。1991年城西大学でアメリカンフットボールを始め、1995年リクルート関連会社入社と同時にリクルートシーガルズ(現オービックシーガルズ)で活動。選手として4回、コーチとして1回、日本一達成。1999年の第1回アメリカンフットボール・ワールドカップ優勝メンバー。2004年に引退後、オービックシーガルズでコーチ就任。2007年に渡米し、スタンフォード大学アメリカンフットボール部でボランティアコーチ就任。2011年より正式に採用され、オフェンシブ・アシスタントに就任。現在、オービックシーガルのアドバイザー、大阪経済大学客員教授も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)