• 本

恩讐と迷走の日本政治 記者だけが知る永田町の肉声ドキュメント

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-16-390833-5
4-16-390833-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 228P 19cm

商品内容

要旨

冷静さを失う首相、一瞬で消滅する野党第一党。日本テレビ官邸キャップが与野党の政治家たちの生の声から赤裸々に描き出す、あまりに歪な日本政治の姿!政治ノンフィクションの決定版。

目次

1 「全員で合流すると聞いたよ」忽然と消えた野党第一党
2 「関わっていれば首相を辞める」強気すぎた安倍首相
3 「籠池が言っていることは嘘だ!」強まる焦りと苛立ち
4 「前川はおかしいだろ!」冷静さを失う安倍官邸
5 「安倍さんは辞任するんじゃない?」末期症状に陥る政権
6 「小池にすり寄ると馬鹿を見る」民進党終わりの始まり
7 「ああいう審議を続けてもしょうがない」今しかない選挙へ
8 「あの判断は間違っていなかった」恩讐と迷走の政治が残したもの

著者紹介

青山 和弘 (アオヤマ カズヒロ)  
1968年5月千葉県生まれ。東京大学文学部卒業。1992年4月日本テレビ放送網入社。社会部警視庁担当から1994年5月に政治部に異動。羽田首相、村山首相を担当。1995年5月米国コロンビア大学大学院留学。1996年6月政治部に戻り新党さきがけ担当、自民党担当。2001年9月から朝ニュースのキャスター。2004年1月から野党キャップ、自民党キャップを歴任し、2007年12月国会官邸キャップに。福田政権、麻生政権、鳩山政権、菅政権を取材。2011年7月外報部ワシントン支局長となり米大統領選挙を取材。2014年1月から報道局解説委員。2015年12月再び国会官邸キャップに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)