• 本

教育課程論

乳幼児教育・保育シリーズ

出版社名 光生館
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-332-70183-5
4-332-70183-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 207P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

学校教育のはじまりの段階である幼児教育の特質をふまえ、そのカリキュラムの考え方、実施する際の留意事項等について、わかりやすく解説。

目次

第1部 学校教育におけるカリキュラム(学校教育における教育課程
保育の基本と計画の考え方
幼児教育の特質と幼児期に育みたい資質・能力
幼稚園における教育課程の役割と編成
保育所における全体的な計画 ほか)
第2部 幼児教育の展望(教育の成立と家庭・学校・地域社会
幼児教育と小学校教育との円滑な接続
保育における計画の変遷―幼稚園創設から1960年代まで
幼稚園教育要領の改訂の変遷とその背景
保育所保育指針の改定(訂)の変遷とその背景 ほか)

著者紹介

神長 美津子 (カミナガ ミツコ)  
國學院大學教授
津金 美智子 (ツガネ ミチコ)  
名古屋学芸大学教授
河合 優子 (カワイ ユウコ)  
文部科学省初等中等教育局幼児教育課幼児教育調査官
塩谷 香 (シオヤ カオリ)  
國學院大學特別専任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)