• 本

荒地/文化の定義のための覚書

中公文庫 エ6−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-12-206578-9
4-12-206578-X
税込価格 1,080円
頁数・縦 332P 16cm

商品内容

要旨

第一次大戦後のヨーロッパの精神的混迷を背景とした長篇詩「荒地」。第二次大戦下において対立・分断された文化の統一性を探究した鋭利な文化論。この代表作二篇を合わせた決定板作品集。巻末に深瀬基寛による概説「エリオットの人と思想」を併録する。

目次

荒地(死者の埋葬
チェス遊び
劫火の説教
水死
雷の曰く)
文化の定義のための覚書(「カルチュア」の三つの意味
階級と「エリット」
統一性と多様性:地域
統一性と多様性:宗派と祭式
文化と政治についての一つの覚書 ほか)

おすすめコメント

「四月はいちばん無情な月」で始まる長篇詩「荒地」と代表的な文化論の定評ある名訳を一冊にし、巻末に深瀬基寛の評論「エリオットの人と思想」を収めた充実の決定版。《古典名訳再発見》第5弾。解説・阿部公彦

著者紹介

エリオット,T.S. (エリオット,T.S.)   Eliot,Thomas Stearns
1888年アメリカ合衆国生まれ。イギリスの詩人、批評家、劇作家。革新的な技法と宗教性の深い作品により英文壇を代表した。1948年、ノーベル文学賞受賞。65年没
深瀬 基寛 (フカセ モトヒロ)  
1895(明治28)年高知県生まれ。東京帝国大学卒業。松江高、三高の教授をへて、1949年より京都大学教授。58年退官。同大学名誉教授。66(昭和41)年没。主な著書に『エリオット』(読売文学賞受賞)ほかがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)