• 本

バナナのグローバル・ヒストリー いかにしてユナイテッド・フルーツは世界を席巻したか

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-623-08331-2
4-623-08331-4
税込価格 3,780円
頁数・縦 328,15P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

「バナナ」が中米諸国や米国の政治経済史に深く関わっているのをご存知だろうか。存在が知られていなかったバナナを大量生産作物に仕立て上げ、世界中の食卓に行き渡らせた巨大企業「ユナイテッド・フルーツ(現・チキータ)」の働きがあったからだ。本書では、世界初の本格的多国籍企業でもあったユナイテッド・フルーツの盛衰を軸に、同社創業の1899年前後から、衰退が始まった1980年代頃までの中米と米国の歴史を解きほぐしている。鉄道事業に付随する事業として始められたバナナ生産は中米諸国の政治や社会と深く結びつき、ユナイテッド・フルーツは紛争や侵攻にも直接関わるなど一企業を超えた巨大勢力として暗躍。しかし、1970年代にはバナナの疫病や天災による甚大な被害が続いたせいで経営が行き詰まり、トップの自殺を招く。同社の興亡の歴史は、現代のグローバリゼーションのあり方にも一石を投じるものといえるだろう。著者はBBCの中央アメリカ・メキシコ特派員としても知られる英国人ジャーナリスト。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年07月04日]

商品内容

要旨

本書は、バナナがありふれたフルーツとして世界の食卓に広まっていく歴史的展開について、史上初の多国籍企業とも称されるユナイテッド・フルーツの盛衰を軸にしてグローバル・ヒストリーの視点から描き出す。ユナイテッド・フルーツのバナナ生産に翻弄される中米諸国の国内状況から、それを取り巻くアメリカとラテンアメリカを中心とした国際関係までを、からまりあった糸をほどいていくように丹念に解きほぐす。

目次

人々の記憶から
死にゆく果実への嘆き
帝国の起源
独占企業
バナナマン
飼い慣らされた飛び地
バナナ共和国
その内部では
政変
「裏切り」〔ほか〕

著者紹介

チャップマン,ピーター (チャップマン,ピーター)   Chapman,Peter
イギリス・ロンドン市イズリントン区に育ち、サセックス大学とロンドン・スクール・オヴ・エコノミクスで学ぶ。Financial Timesへの寄稿やLatin American Letters,The GuardianおよびBBCの中央アメリカ・メキシコ特派員として知られるジャーナリスト
小澤 卓也 (オザワ タクヤ)  
1966年東京都生まれ。1998年立命館大学大学院文学研究科博士後期課程歴史学専攻西洋史専修修了、博士(文学)。神戸大学大学院国際文化学研究科教授
立川 ジェームズ (タツカワ ジェームズ)  
1986年イギリス・ロンドン市生まれ。2017年立命館大学大学院文学研究科人文学専攻博士後期課程西洋史学専修修了。博士(文学)。立命館大学兼任講師、フリーランス翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)