• 本

華舞鬼町おばけ写真館 〔3〕

送り提灯とほっこり人形焼

角川ホラー文庫 Hあ6−13

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-04-106342-2
4-04-106342-6
税込価格 562円
頁数・縦 194P 15cm
シリーズ名 華舞鬼町おばけ写真館

商品内容

要旨

異形が跋扈する不思議な街、華舞鬼町。町の総元締め狭間堂はお盆の最終日、水路でやる灯籠流しの準備を進めていた。常世を目指す魂たちの道案内になれば、という気遣いだった。しかし、光に弱いアヤカシ達は、死者の魂を食らうのに邪魔な火を消そうとしていた。「では、灯りを増やそう」狭間堂は「本所七不思議」の一つ『送り提灯』の助けを借りるため那由多と、錦糸町の法恩寺に向かうが。大人気シリーズ第3弾!

おすすめコメント

華舞鬼町は境界の街。お盆には水路に灯篭を流して常世への道を示すんだ。 華舞鬼町の街並みは明治大正のようにレトロで、異形たちが跋扈する不思議な街だ。お盆の最終日狭間堂たちは、常世を目指す魂が迷子にならないよう水路に灯篭を浮かべて道を示すのだ。大人気シリーズ第三弾!

著者紹介

蒼月 海里 (アオツキ カイリ)  
宮城県仙台市で生まれ、千葉県で育ち、東京都内で書店員をしていた作家。日本大学理工学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)