• 本

縄文文化が日本人の未来を拓く

出版社名 徳間書店
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-19-864595-3
4-19-864595-7
税込価格 1,296円
頁数・縦 215P 18cm

商品内容

要旨

1万年を超える自然との共存共生の中で、日本人の精神性は育まれた。そして現代の日本人にも「縄文の文化的遺伝子」は息づいている!世界から賞賛される、日本オリジナリティの原点!

目次

プロローグ 世界に先駆け定住を果たした縄文
第1章 1万年以上の自然との共存共生で芽生える縄文文化
第2章 縄文火焔土器は器を超え物語を伝えている
第3章 日本人の心に息づく縄文大和言葉
第4章 現代より豊かな縄文の狩猟採集生活
第5章 縄文記念物の心は、現代にまでつながっている
エピローグ 「自然と共生した」縄文と「自然を克服する」大陸文化

おすすめコメント

富士山が好きで太陽に手を合わせ、周囲との争いを好まない。そんな日本人の心は、縄文の時代に育まれ、今も脈々と流れている!

著者紹介

小林 達雄 (コバヤシ タツオ)  
國學院大學名誉教授。新潟県立歴史博物館名誉館長。1937年新潟県生まれ。國學院大學大学院博士課程修了。博士(歴史学)。東京都教育庁文化課、文化庁文化財調査官を経て、國學院大學文学部助教授、同教授。2008年3月退官。縄文文化研究の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)