• 本

図説地球科学の事典

出版社名 朝倉書店
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-254-16072-7
4-254-16072-0
税込価格 9,020円
頁数・縦 236P 26cm

商品内容

要旨

地殻、マントル、コア、造山運動、大陸衝突、沈み込み帯、地球の誕生、超大陸、地球深部、超高圧、地震、津波、火山、シミュレーション、太陽系天体。現代の観測技術、計算手法によって視覚化された地球の最新の姿を108のキーワードで学ぶ。全項目見開きページの読み切り形式で解説。豊富な図・写真をオールカラーで掲載。

目次

第1章 地殻・マントルを含めた造山運動―日本の地質付加体
第2章 地球史
第3章 地球深部の物質科学
第4章 地球化学:物質分化と循環
第5章 測地・固体地球変動
第6章 プレート境界の実像と巨大地震・津波・火山
第7章 地球内部の地球物理学的構造
第8章 地殻・マントルシミュレーション
第9章 太陽系天体

著者紹介

鳥海 光弘 (トリウミ ミツヒロ)  
海洋研究開発機構海洋科学技術イノベーション推進本部/東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)