• 本

ゴールドマン・サックスM&A戦記 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏

出版社名 日経BP社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-8222-5568-8
4-8222-5568-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 326P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

名ファイナンシャル・アドバイザーが見た日本のM&A20年史。会社法、金融商品取引法、国税庁通達、ファイナンス理論などを駆使して、ハードワークでディールをまとめる、知力と体力の「総合格闘技」M&A交渉の真実。

目次

第1章 ゴールドマン・サックス・ニューヨーク本社
第2章 ゴールドマン・サックス東京支店
第3章 日本の超大型M&A時代 その1
第4章 日本の超大型M&Aの時代 その2
第5章 ゴールドマン・サックスの14年半を振り返る
第6章 自立のススメ―若いビジネスマンへ
参考資料

おすすめコメント

日本のM&Aが本格化した1980年代から2000年代半ばに、主要プレーヤーだったゴールドマン・サックスの辣腕アドバイザーとして多くのM&A案件を手掛けた著名投資銀行家が日本のM&Aを振り返ったノンフィクション。

著者紹介

服部 暢達 (ハットリ ノブミチ)  
早稲田大学大学院経営管理研究科客員教授、慶応義塾大学大学院経営管理研究科客員教授。服部暢達事務所代表。1981年東京大学工学部卒業。日産自動車に入社。1989年マサチューセッツ工科大学(MIT)スローンスクール経営学修士課程修了。1989年、ゴールド・マンサックス証券に入社。ニューヨーク、東京に勤務。1998年から2003年までマネージング・ディレクターとして日本におけるM&Aアドバイザー業務を統括。ファーストリテイリング、博報堂DYホールディングスなどの社外取締役を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)