• 本

荒らぶる獅子 実録山口組四代目・竹中正久 3 愛蔵版

ユサブルコミックス

出版社名 ユサブル
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-909249-10-4
4-909249-10-9
税込価格 1,870円
頁数・縦 436P 21cm
シリーズ名 荒らぶる獅子

おすすめコメント

日本最大のヤクザ組織、山口組。一代で山口組を全国組織へと拡大させたヤクザ界のカリスマ田岡一雄の後を継いだのが、「荒らぶる獅子」と呼ばれた男、竹中正久であった。田岡の下で山口組全国制覇のために奔走し、筋を通し己を貫き、ついに頂点へと立った男の生涯を描く! 極道ルポルタージュの第一人者、溝口敦の傑作ドキュメント「山口組四代目 荒らぶる獅子」を完全劇画化! 愛蔵版となって登場?<br><br>『極道ぶっちゃけ話 「三つの山口組」と私』の著者であり、「ビートたけしのTVタックル」など多数のテレビ番組にも出演、コメンテイターとしても活躍している元竹中組若頭補佐・竹垣悟氏の別寄稿文を収録! <br><br>【第二巻の内容】<br>破竹の勢いで勢力を広げる山口組。そんな山口組を壊滅させるべく、警察の「第一次頂上作戦」が始まった。警察の攻勢の前で、内部崩壊の危機が迫る。田岡組長の意に反して、解散を画策していたのはなんと地道若頭であった! 組を守るために正久は動き出す!